自動車保険 相場

最新の相場が簡単にわかります

自動車保険に加入する際、希望する補償をつけた場合、掛金の相場を知りたい方は多いと思います。

 

保険会社を選択する際、同レベルも補償や付帯サービスが同じ程度であれば、できるだけ保険料が安いところを選びたいのが本音です。

 

契約後、他社の方が格安で同レベルの補償、サービスと知ったらショックを受けるというか、がっかりしてしまいますよね。

 

そんなことになる前に自動車保険の見積りで相場を把握することが大切です。

 

どうやったら自動車保険の相場を知ることができるのでしょうか?
複数社、少なくとも5社以上は保険会社から同じ保険内容で見積りを出してもらい比較することです。

 

ただ各社に問い合わせたり、ネットで見積もるとしてもすべての保険会社のホームページにアクセス、入力して見積りを取ることは大変な時間と労力を必要とするのが現実です。

 

実はそんなときこそ威力を発揮するのがインターネットの自動車損害保険一括見積りサービスなのです。

 

操作はとても簡単、アクセスした自動車損害保険一括見積りサービスの画面で必要事項を入力、希望する補償や付帯サービスを設定するだけ。

一回の入力で、たくさんの保険会社から見積りを取ることができますよ。

 

利用にあたっては無料、見積りを取得した損害保険会社からのしつこい電話もありませんので、安心して保険料の見積りを取ることが出来ます。

 

自動車保険の相場が把握できれば、安い掛金の保険を選択したり、割引サービスが充実しているところを探したりして、希望にあった損害保険会社の自動車保険を選ぶことができるわけです。

 

 

▼最短5分 ここから簡単に格安保険を見てみる▼

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

【一括見積もりサービスに参加している保険会社一覧です】

長期契約のメリットは

自動車損害保険は通常単年度契約となっていますが、保険会社によっては2年以上の長期契約を用意しています。

最長3年継続型で契約することで保険料を安くすることも出来ます。

 

保険料の支払い方法も損害保険会社によって異なりますが、保険料金の一括払いは最長7年、分割払いは最長3年といったサービスを実施している会社もあり、保険見直し時に考えてみるのもイイでしょう。

 

長期契約のメリットとしては、1年契約よりも保険料が安くなることでしょう。
数年分まとめて支払いを済ませば、保険料が割り引かれ、長期契約中の事故に対しては等級が下がることはありません

 

しかしデメリットとして長期契約した場合、等級がアップすることもありません
つまり、15等級の人が3年契約の自動車保険に入った直後、事故を起こした場合、通常であれば2年目の等級は12等級になります。
3年契約の場合、2年目も15等級のままです。

 

その後事故を起こさなければ、3年後の更新時には、2等級戻って14等級での更新となります。
また、29歳で契約して年齢が30歳になった時に、30歳以上補償という年齢条件にすることもできないのです。
 


自動車保険を見直す際、長期契約は一つの選択肢として考えても良いでしょう。
しかし、カーライフのスタイルが変化する方には不向きといえます。

 

近い将来生活が大きく変化する可能性がある方にはオススメ出来ません。

 

運転する人が夫婦だけの状態などで、20等級になっており、契約条件が以後数年間変わる可能性がないという場合に多くなメリットがあります。

 

 

 

▼最短5分 ここから簡単に格安保険を見てみる▼