» 自動車保険のブログ記事

一番人気の自動車保険

| 自動車保険 |

自動車保険のシェアランキングは1位「東京海上日動」、2位「損保ジャパン」、3位「三井住友海上」、4位 「あいおい損保」、5位「日本興亜」となっています。

この大手5社で全体の80パ-セントを占めており、まだまだ代理店型の自動車保険が主流であることがわかります。

通販型はすべて合わせても5位に届きません。しかし、最近大手の保険会社での値上がりがあったこともあり、

その影響を受けて、通販型の自動車保険の加入者数が右肩上がりとなっており、これから通販型がどんどん伸びていくことが予想されています。

ネットを使う世代が増えていることも通販型の普及に加速をかけています。

通販型に限定した場合のシェアランキングは1位「ソニー損保」、2位「三井ダイレクト損保」、3位「アクサ損害保険」、4位「チューリッヒ保険」、5位「そんぽ24」となっています。
9年連続で1位を獲得している「ソニー損保」は通販型の30パ-セント以上を占めています。

また、知名度、信頼度での自動車保険の顧客満足度ランキング(オリコン調べ)では1位「ソニ-損保」、2位「チュ-リッヒ保険」となっており国民への知名度は、テレビのCMなどで盛んに流れている通販型の自動車保険会社のほうが高いようです。

日本興亜損害保険

| 自動車保険 |

日本興亜損害保険では、さまざまな事故に対応できるよう、世界6都市にアシスタンスセンターが設けられていて、

24時間体制で、様々な相談を日本語で受けつけています。
しかしも、主要都市からは通話料無料ダイヤルを設けているので、番号を直接ダイヤルするだけでアシスタンスセンターに繋がります。

また、メディカルサポートサービスを提供していて、最寄りの医療機関やキャッシュレス診療が可能な医療機関への案内、予約、医療機関への支払保証など、

海外旅行中の病気やケガで困っている人を、積極的にサポートします。
そしてメディカルサポートサービスに加えて、中国に滞在中の人を対象に、中国限定メディカルサポートサービスを提供しています。

電話での健康相談に対して、専属医師が応えてくれます。
重大な病気や大ケガなどの緊急事態であっても、緊急医療アシスタンス専門のスタッフが的確に状況を判断して、

困難な状況に置かれた状況を最善の解決方法でサポートしてくれる緊急医療アシスタンスサービスもあります。

また、現地の交通機関や、ホテス、レストランなどの情報提供を行う、便利なトラベルインフォメーションサービスも用意しています。

そんぽ24損害保険

| 自動車保険 |

そんぽ24損害保険は、国内損保大手の日本興亜損保の
子会社に当たります。

日本興亜損保の子会社となって、そんぽ24損害保険会社に
変更したのが2004年なので、まだまだその歴史は浅く、
未知数の自動車保険会社と言えます。

そして最近になり、オリコン顧客満足度の高い自動車保険ベスト15の
ランキングの中に顔を出しています。

順位は10位ですが、日本興亜損保や富士火災、三井住友海上を
抑えているので、その健闘ぶりは賞賛に値します。

そんぽ24損害保険の補償内容は、対人はすべて無制限ですが、
対物は500万円~無制限の間で選択できます。

対人と対物は無制限のみという損保も多いので、
対物は無制限でなくてもいいので、
保険料をその分安くしたいと考える人に、
そんぽ24損害保険はおすすめできます。

ただ契約の際は、人身傷害補償特約もしくは
搭乗者傷害保険のどちらかをセットにする必要があります。

車の車室内、トランク内、キャリアに固定された
個人の身の回り品などについて、偶然な事故で損害が発生した場合、
20万円を限度に保険金が支払われる身の回り品補償特約が
車両保険をつけることで自動でセットされるのが、
大きな魅力です。

自動車保険料にはいろいろな支払い方法があります。
まず、クレジットカード払いがあり、これは1回払と回数払のいずれかを選択できます。

銀行振込もあり、これは基本的に1回払いのみですが、払込票払いと口座振込みがあります。

払込票での支払い方法は、申込完了後、払込票が発送されるので、それを持って、近くの銀行や郵便局で支払います。

振込手数料は会社が負担してくれます。口座振込みは、申込完了後、画面上に指定の口座番号が表示されるので、近くの銀行から振込みます。

振込手数料は、お客さんの負担になります。最近では、インターネットバンキングでの支払いも可能になっていて、

これは申込完了後、インターネットバンキングのサイトから、支払いを完了させます。振込手数料は会社が負担してくれます。

自動車保険料の支払い方法には、コンビニ払いもあり、これには、払込票で支払う方法と、払込票を印刷または番号をメモしての支払い方法があります。

払込票での支払い方法は、申込完了後、払込票で、近くのコンビニエンスストアで支払います。

払込票を印刷または番号をメモしての支払いは、申込完了後、画面上の払込票印刷に進み、払込票を印刷するか、表示される番号をメモするかを選択します。

セゾン損保

| 自動車保険 |

セゾン自動車火災保険では、じぶんでえらべる火災保険が人気で、
この保険では、火災、落雷、破裂、爆発の補償をベースとして、
それぞれのニーズ、予算にあわせて建物と家財別に補償を
自由に選択できます。

そして保険金の支払方法は時価ではなく、新価ベースでの支払いなので、
事故が起きた時は、実際の損害額を支払ってくれるので安心です。

また、これまでの商品は、評価額いっぱいに保険をかけなければ
損害が100%補償されないケースがありましたが、
じぶんでえらべる火災保険は、評価額よりも低い金額で契約しても、
保険金額限度で損害額を支払ってくれるので、
とてもお得です。

セゾン自動車火災保険には、自動車保険がありますが、
ここの保険は、車の使用目的や運転する人の免許の種類に合わせ、
保険のプランニングができるのが特徴です。

様々な保険の種類を組み合わせ、お得な特約が受けられるので、
信頼できる自動車保険と言えます。また、セゾン自動車火災保険には、
全国に自動車サービスセンターがあるので、
いざというときでも安心できます。もしもの時の事故でも、
迅速で安心のサービスが受けられます。